中学受験日記 御三家中合格とその後

御三家中に合格するまでと、入学後について。特に入学後の学校生活について書きます。

憧れ校のひとつ(ただし、我が家には縁なし)

だいぶ前のことだけれど、うちにはまったくご縁の無い憧れ校「武蔵高等学校・中学校」に関する本を買って読んだ。知り合いにOBはいるし、かつて私の従兄がふられてしまった学校でもある武蔵。OBからは、「大学より武蔵が楽しかった」と楽しい学校生活の話も聞いたことがあり、男児のいない私は興味シンシンでこの本を手に取った。

名門校「武蔵」で教える 東大合格より大事なこと (集英社新書)

私立中学校の校風について書かれた記事……市販の学校案内本や塾が作成しているもの、ネットの記事などでは、麻布や武蔵といった学校は、自由な校風であることから、うちの娘の学校と同じようなカテゴリに分類され語られていたりする。

しかし、子どもを入学させてみるとハッキリわかる。男子校の自由と女子校の自由はワケが違う。武蔵や麻布の方が、圧倒的に自由でおおらか。女子の学校は、学校側にも「大切なお嬢さんをお預かりしている」という意識が感じられ、ある程度自由にさせつつも実はガッチリ先生方が生徒を見ていると思う。奔放という感じにはけっしてならない。

 

また、とことん自分が興味を持ったことに没頭するオタク度、これにおいては武蔵生はすごい。本の中に登場するエピソードを読んでいると、女子校はスケールが小さいかなぁという感じがした。娘の学校にも、マニアックな知識を持った個性派の生徒も多数いるものの、全体的に受験を視野に入れてマジメにこつこつ…という印象がある。

Amazonのレビューでは、卒業生のすばらしい答辞のことについて感想を述べている方がいらして、確かにこの答辞はグッときた。またこれ以外に私は、最初の方で登場した英語劇を指導されている先生のインタヴューにももらい泣きしそうになった。まさに教師冥利に尽きるというような日々を武蔵で送っておられるようだ。他にも本の中には先生方のインタヴューや対談が出てくるが、すばらしい先生がたくさんいらっしゃる学校であることが伝わってくる。

 

校長の梶取先生のお話のなかでは、答えのないものの答えを探す過程に学びがあるということ、勝ち負けではない学び、などJ学院の教育方針と同じだ!!というものも出てくる。すごく簡単に言うと、教養主義的な学びということになるだろうか。

そういったタイプの教育は、大学受験には遠回りすぎて無駄だと考える方もいるのかもしれない。しかし、受験勉強のための要領や処理能力向上は、ある程度自分の努力で手に入れることもできるし、塾にアウトソーシングしてもいいのではないだろうか。学校では、学校でしか得られない経験、失敗、遠回りをすることも、人間として厚みを蓄えるために必要。そのことを、武蔵の本を読んで改めて感じた。

ヒエラルキー

出願シーズンになると、この目立たないブログも多くの方からアクセスを頂くようです。滅多に更新もないというのに、ありがとうございます。

 

 

さて今日のタイトルは「ヒエラルキー」。スクールカーストという言葉で置き換えてもだいたい同じような意味になるだろうか。

J学院に入学していつの頃からだったか、娘が使うようになったこの言葉。学校内、特に班活動のなかでヒエラルキーの存在を感じることがあるらしい。集団内での優位性を保ちヒエラルキー上位にいたいという感情からか、目立とうとする子、自分の実力を誇示しようとする子、後輩に媚びを売る子というのがどうしても出てくるらしい。それが行き過ぎれば、当然のように人間関係のひずみとなって表れる。

 

女子校というのは、恋愛で女子同士の人間関係を乱す男子生徒が存在しないので、そういう点では平和である。しかし、男子が居なくても他の原因によって人間関係が乱れることはある。前述のような班活動のなかでの力関係もあるし、成績によるマウンティングもあるようだ(順位は出されないのに、本人が何か喋るのだろう)。現在の成績が振るわなくても、中学受験塾時代の華々しい成績の昔語りをする子もいると聞いた。

 

いわゆる伝統校ではない、最近進学実績を伸ばしてきた学校にお子さんを通わせている方によると、何か資格を取ったり受賞したりということがあると、全体の前で名前を発表されるのだという。生徒の競争心を煽り、成績向上させることが狙いだと思うが、こういうのは必要なのかな?というのが私の疑問。娘の話を聞いている限り、何もそのような情報が明らかにされなくても、生徒同士の競争というのは確かに存在する。学校がわざわざ発表しなくても、自慢したい子はそれを自ら口にするものだ。

 

中学受験の塾で、競争的な環境におかれてきた子どもたち。難関校に入れば、周りの影響から当然のように大学受験でも高みを目指していくものだ。また優秀な子たちほど部活でも何でも、周りとつい自分を比べてしまいがちなのではないか。だから、学校からもさらに競争を煽るような仕組みは必要ないのではないだろうか。生徒を疲弊させてしまうような気がしてならない。

 

J学院での文集を見ていると、入学当時は優秀な友達ばかりに囲まれて卑屈になったり、自分と周りを比較していたが、学校生活の中で次第に自己を確立していくという軌跡を綴った作文がよく目に付く。多くの生徒が辿る道なのだろう。

 

外から力を加えて生徒を競争させることをしないタイプの学校は「ゆるい」と評価されがちだが、生徒たち自身が歩むべき道を自ら見いだし、志をもって学び始めることを見守ることも大切ではないだろうか。

 

しかし、「ゆるい」と思われがちな学校も、入試制度の変更に対しては考慮しているものと思われる。本校でも高校生は、英語でGTECという業者テストを校内受験してListening, Writing, Reading, Speaking の4技能を計る。校内での立ち位置も把握できる。公式サイトを見ると、桜蔭中でも導入しているテストのようだ。

もともと、ディスカッションやレポートの多い本校だから、思考力を問われるという新しいタイプの入試制度には十分対応していけるのではないかと期待を寄せている。